新年の目標を立てない理由と代替案について

SPONSORED LINK

f:id:commandz:20180101230856j:plain

 

どうも、ふみや(@fumiya1223)です。

 

年が明けて、多くの人が新年の目標を掲げていますが、僕は目標を立てていません。立てる予定もありません。

 

何故なら年間の目標は、タイムリミット感が無くモチベーションが続かないからです。

 

この事についてもう少し深く、また年間目標の代替案について書いていきます。

 

新年の目標を立てない理由

繰り返しになりますが、タイムリミット感が皆無でモチベーションが続かないからです。

 

1月1日に目標を立てたら後365日残っているので、普通の人はまず焦ることはないです。

 

例えば年間目標として、100冊本を読むと決めたとします。

 

1月が終わって1冊も読んでいなくても、後11ヶ月あるし大丈夫!となってしまいます。

(それは無い!と言う人がいるかもしれませんが、僕はそういう人間なんです)

 

他にも、ランニングの継続を目標に掲げても三日坊主になる人の方が多いでしょう。年間目標を立てたのに関わらず、たった3日でその1年は失敗に終わってしまいます。

 

ではどうすればいいのか?

ポイントは小さくコツコツです。

 

年間目標の代替案

締め切り効果を上手く利用して1年ではなく、1日にやることをリスト化してコツコツこなしていきます。

 

締め切り効果

締め切りが近づくと集中力が増し、いつもより効率的に物事をこなせる効果。心理学用語。ただしクオリティが下がることもあるので要注意。

 

大きな年間目標を掲げる人は、目標を12分割して月毎の目標、更に週毎の目標、その日の目標を立てるので、結局同じじゃないかと思う人がいるかもしれません。

 

確かに毎日やることをリスト化してこなしていくという点は同じです。

 

しかし、年間目標を大きく掲げて失敗してしまう人が大変多く、またこれだけ変化の激しい時代に適応するために僕は毎日コツコツ積み重ねていくスタイルでやっていくことに決めました。

 

ちなみにこれが僕の今日のやることリストです。

 

今日(2018/01/01)やること

  • ブログ1記事執筆
  • 10,000歩歩く
  • 瞑想15分
  • 読書1冊
  • 胸筋トレ3種類
  • 動画企画10個作成

 

2018年初日ということでユルめに6つ終えました~

 

本日読んだ本はこちらです → 専業主婦は2億円損をする

 

「ゆずれない」ものをゆずらなければならなくなったとき、幸福度は大きく下がります。そう考えると、「幸福とは、イヤなことを断れること」といったほうがいいかもしれません。

 

「わたしと結婚して」と迫られたとき、男がまず考えるのは次の2つです。(1)ただでさえ給料が安いのに、これで「妻子を養え」とか冗談じゃない(2)自分で稼いだお金は、これまでどおり好きなように使いたい。そんな男子と結婚するためには、「共働きでわたしの収入も加えれば、いまよりずっと楽しく暮らせるよ!」と提案しなければなりません。

 

本当の幸福の形、男女の結婚観と恋愛観の相違について、どのようにキャリア選択をすると良いのか、といった内容が書いてあり、現在(2018/01/01)Kindle版は無料なので絶対読んだ方が良いですよ〜

 

専業主婦は2億円損をする

 

明日からも毎日コツコツやることやっていきましょう!