たまにはゆっくり1回止まることも大切だよね

SPONSORED LINK

f:id:commandz:20161210234420j:plain

 

こんばんは、ふみや(@fumiya1223)です。

 

ぼくはまだ若いですが(記事執筆時22歳)、他の人と比べると色々な仕事をしてきました。

 

映像制作会社、カメラマン、プログラマー、ベンチャー立ち上げ、ホテルマン、居酒屋、配達員、、、他にも色々あります。

 

人によっては「長続きしない野郎だな」と思うかもしれません。

確かに正論ですが、その意見はまあ別にどうでもいいです。

 

ぼくは色んな事に興味が湧きやすい事を長所だと考えていて、色んなことに詳しいことで他の分野にその知識を活かせる瞬間が好きです。

 

これについては、またの機会に詳しく書こうと思います。

 

どの仕事をしている時も、最初はとにかくろくに休みもせず本気で吸収する事だけを考えてやってきました。

 

正しい道に進むために

「正しい」の定義は人によって異なりますが、人生を振り返って自分がいい選択をした、後悔は無い、と思えていればそれは正しい道を歩めている、ぼくはそう思います。

 

今年の夏、地方のイベントで働いていた時に出会った方がぼくに助言をしてくれました。

 

「若いから体力あって休まず働いても大丈夫だと思うけど、たまにはゆっくり立ち止まることも大事だよ。正しいって漢字は一回止まるって書くじゃん?だから正しい道に進むには一回止まって休憩することも大切だよね。」

 

ぼくはこれを聞いてすごく納得しました。

真っ直ぐ走っている時って、視野が狭くなって目の前のことしか見えないんですよね。

 

以前、映像制作会社に勤めていた時は休みが全くなく、鬱寸前みたいな状況にも関わらず目の前しか見えていなかったので、その時の自分にこの言葉を伝えたいです。

 

ぼくは本当に人に恵まれています。

人生の大事な時に出会った人が大事な気付きをくれます。

 

何もしない日を作る

スケジュール帳の空白を埋めようと必死になっている人は、何もしない日を作ってみてはいかがでしょうか?

本当に何もしないで、ボーッとするんです。

 

これまでの人生、今後の人生、仕事、人間関係、様々なことを俯瞰してみることができるので、とてもオススメですよ。